高梨沙羅 堂々の銅メダル

画像
画像


不本意な4位でのソチオリンピックからの、

精進の四年間の努力が、今回の平昌オリンピックで、

花が開きました。

どの色にも染まる銅色です。

沙羅選手の出身地の、上川郡上川町には、

24歳頃に仕事で3か月、ほど滞在したことが有るからです。

思い出の地でも有る上川町と言う事で、

銅メダルの今回の競技には関心を持って観ていました。

「ナマラケッパッタ」よね、沙羅選手おめでとう御座います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

かわいい かわいい

この記事へのコメント

砂漠の
2018年02月14日 01:24
銅メダルおめでとうございますソフトクリーム。昔あのフィギュアスケートのトーニャ・ハーディング選手がアルベールビルオリンピックで3位と4位じゃ扱いが違うと怒っていたのを思い出しました。上村愛子選手の悔し涙とか。3位と4位じゃ雲泥の差があるんですよね。高梨沙羅選手はまだ若い。まずは優勝して記録を更新して世界一になって欲しいですね
つばきだろ
2018年02月14日 08:47
メダルおめでとう。
4位でも立派な成績なのに。
実力者は求められるのが、違うのですね。
パパ
2018年02月14日 14:08
砂漠の さん。
そうですよね、帰国しての会見でも、銅メダリストでの、会見と無しでの会見は、大違いです。
それにしても、良く頑張ってくれました。
9位の伊藤選手は不運でした。彼女の時だけ風が変わった。
つばきだろ さん。
その精神的な圧力は大変な物でしょうね。
前回のソチの時は一月も前から、沙羅ちゃんの顔付きが変わったと、言われていた。

この記事へのトラックバック